未分類

今注目されている資産形成、アンティークコイン投資

投稿日:2016年5月11日 更新日:

アンティークコインとは、昔の通貨の事です。古銭とも呼ばれます。

いつごろできたもの?

西欧での円形コインの起こりは紀元前7 世紀。
エーゲ海沿岸イオニア地方(現在のトルコ西部)のリディアで作られたエレクトラム貨です。
リディアコインと呼ばれます。
エレクトラムという素材は、河川より採取された金と銀の自然合金のことです。
一方、中国では春秋時代の紀元前5世紀頃より、布貨と呼ばれる農具の鋤の頭で形を模した青銅貨と、刀貨と呼ばれる小刀(なたに近い)の形をした青銅貨が作られていました。

アンティークコインの素材は?

素材はわかりやすく、金、銀、銅、白銀をはじめ、パラジウム、黄銅(真鍮)、アルミニウム、ステンレスなどがあります。

アンティークコインは、みんな持ってるのなのでしょうか。

一概にこうという数字はありませんが、総額1000万円以上のコインを所有している日本人は1万人いるかどうかというところのようです。世界の収集家は300万人と推定されています。

収集家人口1位は米国でおよそ150万人のアンティークコイン収集家がいます。
2位はスペインの50万人、英国/ドイツ/フランス/イタリア/ベルギーあたりが10~20万人規模の収集家とのことです。

※アンティークコイン収集家は、むやみやたらにコインを見せびらかすことが
セキュリティ上リスクでもあるため、実態はわかりません。

エレクトラムという素材は、河川より採取された金と銀の自然合金のことです。
一方、中国では春秋時代の紀元前5世紀頃より、布貨と呼ばれる農具の鋤の頭で形を模した青銅貨と、
刀貨と呼ばれる小刀(なたに近い)の形をした青銅貨が作られていました。

長きにわたったデフレ時代は終わりを迎え、銀行の金利もついにマイナス金利となり再度上昇する見込みがほとんどありません。 そんな中、数億円レベルの資産を築きあげた人は、資産を増やすことよりも守ることを重点に行動します。

他に方法が自分の資産を防衛するのに一番良い方法なのでしょうか。

資産形成は様々な形があります。株や不動産、投資、FXなど。

しかし、完全に資産を守り切る方法はありません。どのような資産形成でも必ずリスクがあります。、値下がりリスクや手数料、管理の手間など、どんな手法にも大きなデメリットがあるのも事実。

そんな中、今注目を浴び始めているのがアンティークコイン投資です。

-未分類

Copyright© アンティークコイン投資 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.