アンティークコイン投資をご存知ですか。

アンティークコインとは、昔の通貨の事です。古銭とも呼ばれます。

アンティークコインとは、いつごろできたものを指すの?

西欧での円形コインの起こりは紀元前7 世紀。エーゲ海沿岸イオニア地方(現在のトルコ西部)のリディアで作られたエレクトラム貨です。リディアコインと呼ばれます。

エレクトラムという素材は、河川より採取された金と銀の自然合金のことです。
一方、中国では春秋時代の紀元前5世紀頃より、布貨と呼ばれる農具の鋤の頭で形を模した青銅貨と、刀貨と呼ばれる小刀(なたに近い)の形をした青銅貨が作られていました。

アンティークコインの素材は?

素材はわかりやすく、金、銀、銅、白銀をはじめ、パラジウム、黄銅(真鍮)、アルミニウム、ステンレスなどがあります。

アンティークコインは、みんな持ってるのなのでしょうか。

一概にこうという数字はありませんが、総額1000万円以上のコインを所有している日本人は1万人いるかどうかというところのようです。世界の収集家は300万人と推定されています。

収集家人口1位は米国でおよそ150万人のアンティークコイン収集家がいます。
2位はスペインの50万人、英国/ドイツ/フランス/イタリア/ベルギーあたりが10~20万人規模の収集家とのことです。

※アンティークコイン収集家は、むやみやたらにコインを見せびらかすことが
セキュリティ上リスクでもあるため、実態はわかりません。

エレクトラムという素材は、河川より採取された金と銀の自然合金のことです。
一方、中国では春秋時代の紀元前5世紀頃より、布貨と呼ばれる農具の鋤の頭で形を模した青銅貨と、
刀貨と呼ばれる小刀(なたに近い)の形をした青銅貨が作られていました。

長きにわたったデフレ時代は終わりを迎え、銀行の金利もついにマイナス金利となり再度上昇する見込みがほとんどありません。 そんな中、数億円レベルの資産を築きあげた人は、資産を増やすことよりも守ることを重点に行動します。

他に方法が自分の資産を防衛するのに一番良い方法なのでしょうか。

資産形成は様々な形があります。株や不動産、投資、FXなど。

しかし、完全に資産を守り切る方法はありません。どのような資産形成でも必ずリスクがあります。、値下がりリスクや手数料、管理の手間など、どんな手法にも大きなデメリットがあるのも事実。

そんな中、今注目を浴び始めているのがアンティークコイン投資です。

ほとんどのコインが発行枚数、残存枚数のわかるインフラが整備されており、
非常に信頼性が高い商品となっています。

世界の富裕層(特に新興諸国)はアンティークコインに投資する人が多く
一度富裕層に所有されると市場に出回らなくなり希少性が高まります。

それらのコインが市場に再度出品された場合、
多くの投資家やコレクターがコインを求め、価格が上昇していきます。

それとは反対に、
ダイヤモンドや金は発掘され続け、
数が増加しますので不安定な相場価格となり、
価値は高まりにくいです。

現行紙幣のように市場に追加投入され、価値が希薄化するような事がないですし、
株券のように突然紙切れになることもありません。

 

古銭(使われていた昔の通貨)の為、固定資産税などの発生はございません。

アンティークコインと同じく実物の資産として、クラシックカーや骨董品などが挙げられます。
これらもアンティークコイン同様、投資対象として魅力的なものですが、税金やメンテナンス、管理等の諸経費、また故障や破損等のリスクが発生します。

もちろんお金ですのでサイズが小さく、自宅や貸金庫で保管、管理が可能です。
金銀などの材質の特徴から変質しにくいのもメリットです。

不動産などの商品では、天災などの発生の場合に価値を失ってしまう確立が高いですが、
「ポケットに入る財産」とも呼ばれ、持ち運びも非常に簡単です。

 

 

不動産のような登記も不要ですし、自動車のような登録も不要です。

金のように本人確認書類の提示も必要ありません。

持つ人の匿名性が極めて高く、
相続財産、資産の保全に非常に最適です。

 

アンティークコインのマーケットは世界規模に及びます。

各地にディーラーやコレクター、投資家が存在し、
コインの売買が「毎日」実施されています。

コインオークションは世界中でのべ700回程(年間)開催されているのです。

コインのコレクターは値引きも求めないですし、
値引き以前の価格で買い求める市場参加者が多く存在することも事実です。

さらには、アンティークコインは英国の退役軍人年金基金の運用対象商品にもなっており、
最も安定した投資商品の1つとも呼び声が高いです。

投稿日:2016年5月26日 更新日:

Copyright© アンティークコイン投資 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.